U14トレーニングマッチ 岡本・小菊

■2018年5月26日(土)
■舞洲人工芝
■30分×3本
vsセレッソ大阪U13
0-2、0-1、0-0
■素晴らしい環境で試合をさせていただきました。そんな中での一人一人のサッカーに対して自分の夢に対しての本気さはどうだったでしょうか?このままではチームの目標も自分の夢も叶わずに終わってしまいます。選手、スタッフともに明日から意識を変えて話し合いながら進んでいきましょう。本日対戦していただいた対戦チームの皆さん。応援に来ていただいた保護者の皆さん。ありがとうございました。

U15フェニックスリーグ1部 岡本・林

■2018年5月26日(土)
■向洋中学校グラウンド
■30分ハーフ×1試合
vs向洋中学校
4-0(前半3-0)
■半分に分かれて合流する形でのスケジュールでバタバタとしましたが上手く試合を運ぶことができました。残り1節となりましたが参入戦へチャレンジできるように意識高くこだわってやっていきましょう。本日対戦していただいた対戦チームの皆さん。応援に来ていただいた保護者の皆さん。ありがとうございました。

U15第33回日本クラブユースサッカー選手権関西大会1次ラウンド 小菊、岡本、小林

◾︎2018年5月26日
◾︎JーGREEN堺
◾︎35分ハーフ
vsガンバ堺
0-2(前半0-2)

◾︎まず始めに、今大会U13選手・保護者またカテゴリーを超えた選手・保護者の皆さま、U15選手の保護者の皆さまたくさんの熱い応援をいただきましてありがとうございました。
独特な雰囲気や緊張がある中でピッチに立った選手は出れなかった選手の分まで一生懸命頑張ってくれたと思います。
ただ、一人一人が持っている力を120%出せたかと言われるとそうでなかったのではないかと感じています。
力を120%出し切れるように持っていくのがコーチです。そこまで持っていくことが出来なかったことにスタッフも反省です。

この負けをどう感じるかで高円宮杯に大きく関わってきます。我々スタッフもこの負けが大きく成長に変わるよう努力していきたいと思います。

事務局

本日、5月23日(水)東・西トレーニングは雨天中止となりましたので各自でトレーニングを行ってください。

U13トレーニングマッチ 小林・湯川

◾️2018年5月20日(日)
◾️ドリームステップG
◾️25分×8本

vsアクート岡山
1-1、4-1、5-0、5-0、3-2、4-0、6-0、9-0

◾️今日は朝の準備の段階から残念でした。先週できていた事が今週はできていなかったり、まだまだ気づいて発信できる選手が少ないです。一日一日、大事に過ごして積み重ねていきましょう。本日、対戦して頂いたアクート岡山の皆様ありがとうございました。また、応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。

U14トレーニングマッチ 湯川・小林

■2018年5月20日(日)
■ドリームステップグラウンド
■25分×8
vsアクート岡山
3-0
1-0
3-0
5-1
1-0
1-0
4-0
1-0

■別れての活動テスト期間中などもありましたが、その中で参加した選手たちは何かを掴んだでしょうか。
自分のことだけではなく、周りを巻き込んだプレーや行動を積極的に行っていくことが、チームとしてまた、自分としての成長だと思います。
道具やグラウンド、対戦相手が当たり前にあるのではなく、周りの人たちの支えや活躍があって、今の自分達がいることを噛みしめて日々努力していきましょう。
対戦してくださったチームの方々、応援にきてくださった保護者の方々、どうもありがとうございました。

U13・14トレーニングマッチ 坪田・小菊

■2018年5月20日(日)
■星陵台中学校G
■25分×6本
VS星陵台中
1-0・0-0・2-0
VS多聞東中
0-1・2-1
VS垂水東中
10-0

■今回初めてU13・14合同でチームを作り試合に臨みました。
U13選手は遠慮せず溌剌とプレーすること。U14はU13選手を引っ張り見本となるプレーや行動をすることを意識しました。
暑い中でどれだけ意識して1日過ごすかが大切です。
高い交通費を払って活動しています。いろいろな方々が皆さんを応援してくれています。
その気持ちを裏切らないよう日々活動していきましょう!

U15フェニックスリーグ1部 岡本

■2018年5月20日(日)
■玉津中学校
■30分ハーフ×1試合
vs玉津中学校
2-4(前半1-1)
■今日は少ない人数での活動でした。交代のいない、保険のない中でどう戦うが今日の試合のポイントだったと思います。また押し込みながらも攻撃が単調になっていたので少しの工夫と心の落ち着きでゲーム展開も変わってきたと思います。練習から変えていければと思います。本日もありがとうございました。

U13トレーニングマッチ 小林・湯川

◾️2018年5月19日(土)
◾️希望が丘球技場
◾️25分×9本、20分×3本

vsMIOびわこ滋賀
0-2、1-0、0-1、0-2、0-3、0-2、0-0、1-1、0-2、0-2、0-0、1-2

◾️強豪チーム相手に何が通用して何が通用しないのかを試せる機会でした。結果は見ての通りだと思います。この差を埋めるために日々の活動の取り組みと個人の努力は必ず必要です。日常の過ごし方から変えていきましょう。本日、対戦して頂いたMIOびわこ滋賀の皆様ありがとうございました。また、応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。

U14 トレーニングマッチ 稲葉・沖中

▪️2018年5月19日(土)
▪️ドリームステップグラウンド
▪️30分1本×6試合

vs兵庫FC
0-3、0-0、0-1
1ー0、0-2、0-1

6試合やって得点は1点。
ボールもほぼ相手。原因は大いにありますが、ゲームをする上でのタブーが多すぎる事が1番の原因。その1つのプレーで状況が大ピンチになる事が沢山ゲームの中で行われてる事がこの失点とボールを支配出来ない原因です。その原因を掬いとって気づかせる必要がある。年間何百試合とスタッフが汗水垂らしてマッチメイクをしてせっかくゲーム出来てる、今までのゲームの中でもこんな事象は沢山起こってるはず、4月から見させてもらってる私も大いに反省した今日の活動でした。
一年後負けないように明日からまた頑張って欲しいと思います。
本日対戦頂いたチームのスタッフ選手の皆様ありがとうございました。