第43回日本クラブユースサッカー選手権U18大会 関西地域予選 小菊・進木

■2019年5月4日(土)
■鶴見緑地公園G
■40分ハーフ
VSディアブロッサ高田
0-0

■今日は試合前の準備から試合内容は見えていたと思います。
チームを引き締める選手が居ないのがいつも言っていますが残念です。
どこに行ってもそんな選手は評価されますし社会人になっても大切なことです。
明日勝利し1位通過を決めたいと思います。

今日もたくさんの応援をいただきましてありがとうございました。

第43回日本クラブユースサッカー選手権U18大会 関西地域予選 小菊・進木

■2019年5月3日(金)
■鶴見緑地公園G
■40分ハーフ
VS Wizards
4-1(前半2-0)

■気温が高い中での試合でしたが集中して試合を運ぶことができました。
長い闘いを見据えて、どのようなサッカーができるか。
そして全員が良い準備をしていかなければ上では戦えません。
明日もしっかり全員が準備をして臨みたいと思います。

今日もたくさんの応援をいただきましてありがとうございました。

関西クラブユース連盟

U18 トレーニングマッチ 小菊・政

■2019年5月1日(水)
■ドリームステップグランド
■35分×2本・30分×3試合

vs舞子高校
0-1、1-1、0-0、1-0、2-0

悪ピッチの中でも泥に塗れながら戦う選手とそうでない選手、気持ちの部分がまだまだ同じ方向を向いていない気がしました。
日々のトレーニング、試合、全てにおいて思いを表現して欲しいです。
本日試合をして頂いた舞子高校の皆さん、応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。

U18 第43回日本クラブユースサッカー選手権 関西地区予選 政

■2019年4月29日(月)
■Jグリーン堺
■40分ハーフ×1試合

vs神戸FC
4-0

いよいよ始まったクラブユースユース、無失点で勝利することができました。ここ数試合は先制される事が多かったので、無失点で試合を終えた事は選手達にとって自信につながると思います。しかし、まだまだ局面での強さが足りないです。勝負の差は最後に気持ちの部分が現れます。選手全員の熱い気持ちを次節にぶつけて欲しいです。
本日試合をして頂いた神戸FCの皆様、応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。
34573741-61F2-4E1B-A9C5-85AF76E45AE4

U18県リーグ2部 小菊・政

■2019年4月27日(土)
■芦屋学園高校G
■40分ハーフ
VS社高校
1-3(前半0-2)
■今日で前期が終了となります。
クラブユースに向けて想定した試合をしただけに勝利で終えることができなくて残念です。
クラブユースは連戦となり、チーム一丸となり全員で戦わなければ勝ち抜くことはできません。
誰かが出なければ勝てないとか幼い考えでは上にはいけません。誰かがやるのではなく自分自ら行動してほしいと思います。

保護者からミサンガをいただきました。たくさんの方々に応援をいただいていることを再度認識させていただきました。
ありがとうございました。IMG_0551[1]

事務局

本日4月24日(水)トレーニングは雨天中止となりました。

各自で練習を行ってください。

U18トレーニングマッチ 小菊

■2019年4月21日(日)
■いぶきの森G
■40分×2本
VSヴィッセル神戸
0-4・0-4

■今日は素晴らしい環境で試合をさせていただきました。
内容は、何もさせてもらえない試合内容でした。
相手チームは試合前は爽やかに挨拶をしてくれ、プレーは人の責任ではなく自分自身の責任感でプレーし自立した選手たちでした。
全国へ行くチームは全国レベルの人間性を持った選手が行くのだと確信しました。
普段からの生活や練習を全員が自ら変わらなければならないと感じさせていただきました。
スタッフも変わる努力していきたいと思います。

試合をしていただきましたヴィッセル神戸選手・スタッフの皆さまありがとうございました。

U18県リーグ2部&TM 小菊・沖中

■2019年4月20日(土)
■滝川第二高校G
■40分ハーフ
VSエストレラ姫路
1-1(前半1-0)

トレーニングマッチ
VS滝川第二高校
0-1・1-0

■今日はクラブユースでも対戦する可能性があるエストレラさんと試合を行いました。
自主的にプレーしイメージを持って試合をすることが出来ました。
ただ、まだ発信する選手、嫌われてでも言う選手がまだまだ居ません。
ゴールデンウィークから予選が始まりますが悔いのないよう良い準備をしていきましょう。

今日もたくさんの応援をいただきましてありがとうございました。

U18トレーニングマッチ 小菊・湯川

■2019年4月14日(日)
■ドリームステップG
■35分×2本・30分×2本
VS県芦屋高校
2-1・3-1・1-0・2-1

■昨日のリーグ戦から少しでも成長できていると全員が感じているでしょうか?
公式戦であろうが練習試合だろうが常に我々の目標が基準です。
その基準のハードルが高いのであれば低く設定しなければなりませんし、みんながそこを目指して入団したのならば突き進む必要があります。
常にぶれることなく活動していきたいと思います。

雨の中試合をしていただきました県芦屋高校の皆さんありがとうございました。