U18県リーグ参入戦 平野•森田

2014年10月11日

会場:姫路球技スポーツセンター

VS柳学園
3-2(前半2-1)

※参入戦Cブロック
1位よって県リーグ昇格!!

■コメント
今日は昇格するには絶対に勝たなければならない試合でした。Jユースカップの予選もあり厳しい試合が続く中での試合でしたがひとりひとり厳しい中での経験を重ねるにつれて成長しているのを感じました。しかし、来年は更にレベルの上がるリーグを戦わなければなりません!2年生、1年生は今以上に意識やプレーの質をあげなげれば戦えないと思います。甘さや妥協を捨て成長するために常に限界を越えて自分にチャレンジし続けましょう!この参入戦の経験を次はJユースカップ決定戦に繋げ更に成長したチームで決定戦を戦っていきましょう。今日もたくさんの保護者の方々応援ありがとうございました。

U18Jユースカップ関西大会決勝&TM 平野•進木•岡山

2014年10月5日

会場:灘高校

VS Wizards(京都)
3ー1(前半2-1)

※関西代表として北信越代表と決定戦へ

■TM×30分
VS神戸FC
0ー0

VS灘高校
5-0

■コメント
今日勝ち2年連続で関西代表として決定戦へ進出することができました。負ければ終わりの緊張感のある試合が続いています。しかし、試合を重ねるにつれて本当に強くなっていると思います。これからは代表どうしの戦いです。何が起こるかわかりません!しかし、どんな状況になろうと自分達を信じチーム全員で勝ち進んでいきましょう!今日はほんとうに多くのジュニア•ジュニアユース選手達や毎試合多くの保護者の方々やOB、センアーノ関係者の方々、たくさんのご声援ありがとうございました。

U18県リーグ参入戦 平野•小菊

2014年10月4日

会場:播磨光都G

VS甲南高校
7-1(前半4-1)

■コメント
今日は参入戦第二節でした。今日は個々で技術面もそうですが気持ちの面での差がみえました。ピッチに入れば相手がどうであれ戦わなければなりません!自分にできることが必ずあります。日々チャレンジしなければ成長はありません!ミスや自分の弱さから逃げずチャレンジし、チャレンジしたからこそ次に繋がります。今できることに全力で取り組み常に限界を超えていきましょう! 今日も保護者の方々応援ありがとうございました。

U18Jユースカップ関西大会準決勝 平野•進木

2014年9月28日

会場:Jグリーン堺S11

VSディアブロッサ高田
5-0(前半3-0)

■コメント
今日から負ければ終わりの試合が始まりました。ひとりひとりいろいろな思いがあると思います。しかし、チームが勝たなければ意味はありません!3年生は3年間の思いがあり1、2年にもあると思います。そのそれぞれの思いをひとつにしなければならないと思います。今日の試合は昨日とはまったく違う試合でした。ひとりひとりの意識や気持ちで良くもなれば悪くもなります。ひとりの弱さがチームを弱くさせ、ひとりの頑張りがチームを助けます!今日勝ちましたが、もう次の試合は始まっています!更に強く勢いづいたユースを出して頑張って行きましょう!
今日もたくさんの保護者の方々や関係者の方々、応援ありがとうございました。

U18県リーグ参入戦 平野•小菊

2014年9月27日

会場:三木防災第三G

VS龍野北高校
2-2(前半0ー1)

■コメント
今日は得点の重みを感じた試合だったと思います。ボールをいくら保持していても得点しなければサッカーは勝てません!得点することの難しさを感じたのとひとりひとりのアイデアのなさが苦しい試合になったと思います。ミスは誰でもします。しかし、これからの試合ではそのミスから3年生は負ければ引退です。今日の試合の内容や雰囲気では明日から厳しくなってくると思います。今日で救われたと感じ明日からは先へ進む為にはチームが勝たなければなりません!相手がどうだからではなくユースらしく自分達のサッカーで先へ進み続けましょう!今日はたくさんの保護者の方々、応援ありがとうございました。

事務局より

本日のトレーニングは雨天の為、中止致します。

U18トレーニングマッチ 平野•竹内

2014年9月20日

会場:長田高校

VS長田高校
1-1、2-1、0-0、1-0

■コメント
今日はいろいろなものをみて判断するという点で状況判断の悪い部分からピンチを招いていたように感じます。ボールを保持して攻めている時こそディフェンスラインはリスク管理をしっかりしなければなりません!その点で味方どうし曖昧になりバタバタするように感じました!レベルが上がれば上がるほど失点に繋がります。常に考えアクションをおこさなければならないと思います。

U18Jユースカップ関西大会 平野•進木

2014年9月15日

会場:Jグリーン堺S6

VS明倫クラブ
8ー0(前半4-0)

■コメント
今日は、昨日に続きJユースカップ関西大会でした。結果は勝っていますが、内容はまだまだです。このチームが夏に全国に出たチームだとは思えません!プレーの質もそうですが1番は試合に対しての気持ちです。夏に全国に出て満足してないでしょうか?夏の悔しさをこのJユースにつなげてますか?もう全国は過去の結果です!次の全国へ向けてもっと必死にがむしゃらに戦わなければならないと思います。全国で泣くか予選で泣くかは自分たち次第だと思います。今日もたくさんの保護者の方々、応援ありがとうございました。

U18Jユースカップ関西大会 平野•進木

2014年9月14日

会場:ガンバ大阪人工芝

VS T•フジタ(大阪)
4-0(前半2ー0)

■コメント
今日は攻撃も守備もグループとしてはレベルの低いサッカーだったと思います。特に守備に関しては準備の遅さやカバーなどリスク管理の部分で安定感のない試合でした。毎試合毎試合を良い試合ばかりではありません。うまくいかない試合をうまくいくようにプレーを変えたり動きを変えたりできる柔軟性も必要だと思います。毎試合毎試合が3年生にとっては最後の試合です。悔いなく毎試合に自分たちの力を出していかなければならないと思います。 今日もたくさんの保護者の方々、応援ありがとうございました。

U18トレーニングマッチ 平野

2014年9月13日

会場:流通科学大学G

VS流通科学大学
0-1、1-0

VS東海大翔洋高校(静岡)
4-0、2-2

■コメント
今日はいつも仲良くさして頂いてる流通科学大学さんとこの夏静岡のチャンピオンになりインターハイに出場した東海大翔洋高校さんと試合をさせて頂きました。同じ全国という舞台を経験したということで気合いも入っていたと思います。ボールもうまくまわしながら良い流れで得点することができました。しかし、今日の失点は自分たちのミスで自らまねいた失点だと思います。まだまだ全国レベルの技術はもちろん気持ちがまだまだの選手がいます。全国の強豪と戦える「技術」と「心」も磨かなければならないと思います。今日も保護者の方々、応援ありがとうございました。