トレーニングマッチ 平野•津島

会場:いぶきの森

VSヴィッセル神戸
1-1、3-3、2-0

■コメント
今日は、チームとしてこの夏の成長を感じさせるような試合でした。個々でみれば成長している成長と伸び悩んでいる選手の成長の差がプレーにでていたように感じます。ミスや相手のうまさで弱気になり消極的なプレーになったりと「やるか」「やられるか」でやられぱなしでズルズル引きずる弱さも見えました。厳しい試合こそ強気で戦えなければ、ここぞという時に力は発揮できません!明日からJユースが始まります。今までの頑張りを発揮し、絶対に全国へいきましょう。今日もたくさんの保護者の方々、応援ありがとうございました。

トレーニングマッチ 平野•津島

会場:ドリームステップG

VS北大津高校(滋賀)
1-0、4-0、0-0
4-0、3-0、1-0

■今日は、最近取り組んでいるディフェンス面で、少し成長が見られたのとディフェンス面ではひとりひとりの理解や意識を合わせないとチームとしてはボールを奪いにくくなります。ひとりひとりが考えどうすればチームとしてボールを奪うことができるか考え行動しなければならないと思います。まだまだ課題はありますが、1歩1歩着実に成長していきましょう!

U18トレーニングマッチ

会場:流通科学大学

VS流通科学大学
2-1、4-0、7-0
6-0

■コメント
今日は、夏の成長を感じる部分もありましたが、まだまだ目標を達成するのには成長しなければなりません。達成しなければならない壁は高いです。意識が低ければ勝てないですし、周りの選手より遅れをとります。毎試合やトレーニングに危機感を持ち、技術面でもメンタル面でも仲間からの信頼をえられるよう頑張っていかなければならなと思います。残り少ない夏の活動を全力で取り組んでいきましょう。

U18トレーニングマッチ 平野•津島

会場:ドリームステップグランド

VS神戸甲北高校
4-0、2-1、3-0
0-0、3-0

■コメント
今日は、いろいろな形から得点することができましたが、まだまだミスが多くそのミスから流れが途切れる事がよくありました。リスクを負わず安全にするところと、リスクを負ってでもチャレンジするところをしっかり判断しなければならないと思います。Jユース予選まで時間はありません!!時間を大切に全員で戦えるチームへ成長していきましょう。

事務局

週末予定や選手の広場が見れるようになりました。ご迷惑をお掛けしました。よろしくお願い致します。

U18 TDFカップ最終日 平野・小菊

■佐野運動公園人工芝・天然芝G

■30分ハーフ

VS御影高校

5-1(前半4-1)

【決勝】

VS大阪産業大附属高校

1-3(前半0-1)

☆準優勝☆

■3日間、TAKIGAWAⅡFamilyカップに参加させていただきました。さまざまなチームと試合をして

いく中で、相手チームの良い所を吸収できて、良い経験をさせていただきました。

Jユースカップ予選まで残り少ないですが、悔いの残らぬよう活動していきたいと思います。

暑い中、応援・差し入れありがとうございました。

U18TDFカップ2日目

会場:淡路佐野運動公園

VS徳島北高校
2-1(前半0-1)

VS滝川高校
7-1(前半2-1)

■コメント
今日は、少し疲れが見えました。立ち上がりこそあまり元気がなくその弱さから失点に繋がり、立て直すのに時間がかかっていましたが、自分たちの成長かしっかり先ずは1点1点重ねて行こうという気持ちが出ていたのは良かったです。明日勝てば予選リーグ1位で突破になるので頑張っていきたいと思います。今日も暑い中保護者の方々応援ありがとうございました。

U18TDFカップ 1日目 平野•小菊

会場:淡路佐野運動公園

VS常翔学園高校(大阪)
6-2(前半3-1)

VS大阪産業大学
0-1(前半0-0)

オープン戦
VS滝川第二高校
0-9

■コメント
今日からTDFカップが始まりました。各チームともそれぞれ個性があり選手だけではなくスタッフも学ぶべものがたくさんあります。今日の試合では、自分たちのひとりひとりのプライドの低さを感じました。AB関係なくどの試合でもチームを代表して戦わなければならないと思いますし、名門や強豪というわれるチームほど、どの選手も自チームの看板をしっかり背負っていると思います。もっともっといろんな面で強くならなければならないと思います。

U18トレーニングマッチ 平野

会場:三木防災運動公園

VS市立西宮高校
2-0、3-0、3-0
2-0、2-0

■コメント
今日は最近の悪い状況を変えようとひとりひとり取り組んでいたと思います。もうJユース開幕まで2週間をきりました。勢いをつけるためにも悪い悪いと下を向いている時間はありません!チーム全員であげていくしかないのです。ひとりひとり更に意識をあげ、自分たちの力を信じ更にレベルアップていきましょう。
今日も暑い中たくさんの保護者の方々応援ありがとうございました。

U18大分遠征最終日

会場:日本文理大学

VS日本文理大学
1-4、0-8、0-4

■コメント
今日は、大学サッカートップレベルの力を肌で感じ力の差を痛感しました。それに、技術もさるこたちながら文理大学のトップの選手たちのサッカーに対する気持ちやプレーへの拘りなど本当に学ぶ事がたくさんありました。
この遠征を通じて、このままでは絶対に目標達成が難しい事や取り組む姿勢、自分の甘さなどを感じたと思います。「自分のしたい事だけはする」や「苦しい事はあまりしない」というプレーがあってはそこから負けに繋がるということを学んだと思います。夏休みももう終わりに近づいてきました。このままで、Jユースに望めるチームでしょうか? 自分はJユースで戦える自信はあるでしょうか? 先ずは今の自分と向き合い、このままでいいのか考えてください。何の為にサッカーをし、なぜユースでサッカーをしてるのかを!!