U18アスレタフェスティバル 小菊・沖中

■2020年8月11日(火)
■奈良県ヤタガラスフィールド
VS興国高校
0-1・1-1
VS畝傍高校
0-0・1-1
VS京都廣学館高校
0-3・1-2

■今日はフェスティバルに参加させていただきました。
コロナウイルスの影響でさまざまなイベントが中止になっていきますがこのような機会をいただき感謝です。
また試合が出来る喜びや感謝の気持ちを選手たちは感じながらこれからも活動していかなければなりません。
対戦相手がまたセンアーノと試合がしたいと思ってもらえるようオン・オフともにこだわっていきたいと思います。
関係者・試合をしていただきましたチームの皆さまありがとうございました。

U18セリオカップ 小菊・浅海

■2020年8月10日(月)
■三木防災公園G
■30分ハーフ
VS三田学園高校
0-3(前半0-2)
VS滝川高校
3-2(前半1-1)

■今日も猛暑の中での試合でした。
どんだけ暑くても皆同じ環境。
相手は動けているのに、我々もしっかり動けるはずです。
無理して試合に出る必要もないし、疲れたら休んだらいいと思います。出るからにはしっかり全力でやる。
暑さの言い訳せず、その当たり前の基準でいきましょう。

U18トレーニングマッチ 小菊

■2020年8月5日(水)
■ドリームステップG
■35分×2本・30分×2本
VS滝川第二高校
0-1・0-2・3-0・0-3

■前日の疲れなのか、暑さなのかあまり動きもよくない試合でした。
やるからにはしっかりやる。できないのであれば休む。
メリハリのある活動をしてほしいと思います。
疲れているときこそ、自分のレベルが分かる時ですよ。
保護者の皆さま、差し入れをいただきましてありがとうございました。

U18トレーニングマッチ 小菊

■2020年8月4日(火)
■日岡山人工芝G
■35分×2本・30分×2本
VS加古川北高校
3-0・3-0・2-0・2-0

■今日も試合環境を準備していただきありがとうございました。
だからこそピッチで選手たちは表現しなければなりません。
特に1本目は仲間の動きやプレーに興味がなくチームとしてまったく機能していませんでした。
頑張るだけではうまくなりません。自分も仲間もピッチの状況も常に把握しなければなりません。
全員が同じ価値観でなければチームもレベルアップしないのでしっかり自分で自分をレベルアップしていきましょう。

U18クラブユース選手権関西予選 小菊・進木

■2020年8月2日(日)
■エストパークG
■40分ハーフ
VSディアブロッサ高田U18
2-0(前半2-0)

■今日も猛暑の中、選手たちは頑張っていたと思います。
けが人も多い中で慣れないポジションをした選手もいましたが、一人一人が責任を持って頑張ってくれたと思います。
後半は相手のペースで厳しい時間帯が続きましたが無失点で終われたことが今日の収穫だったと思います。
次節は少し空いて22日になります。
それまでしっかり準備して臨みたいと思います。