U12 EXILE CUP 全国決勝大会 1日目 大木 宮澤

■2019年9月14日
■新神戸〜今治移動

この選手たちにとっては2度目の全国大会。
新幹線移動も2回目。
全ての情報を選手たちに任せて移動しました。
中学生になったら中1でもエリートプログラムや年代別代表になれば東京までは自分で移動できなければなりません。
たった1時間の移動で切符紛失。それも自己解決してもらいました。

さて、春先からサッカー向上のために取り組んできたフットサル。
今大会は日本サッカー協会登録チームだけでなく、スクールチームやフットサル専門チームを含め、様々な形態のチームが各地域予選を勝ち上がって来ています。
当然強豪チームばかりですので簡単ではありませんが、優勝してドイツ遠征を目指したいと思います。

今回も全てをEXILE 運営会社のLDHさんが段取りいただいています。
至れり尽くせりでとても有難いです。
ただ、選手たちと同部屋、、。
子供らもスタッフもショックです。

EXILE CUP 公式サイト317067BF-3B75-47E9-BAD1-D33BC1400C74C2C2B5EF-904D-4219-BE01-B777DCF17826

U12 ニッポンハムカップ第43回U12関西サッカー大会2日目 決勝トーナメント 大木

■2019年9月8日(日)
■J-GREEN堺 人工芝
■20分ハーフ×2試合

【準々決勝】
vsYF NARATESORO(奈良県代表)
2-1(前半1-0)

【準決勝】
vs八尾大正FC(大阪府代表)
0-1(前半0-0)

関西ベスト4で終了。

昨日から、いろんな要素含め、優勝することはかなり困難だろうなと思っていました。
理由はたくさんあります。
だからこそ選手たちを信じ、たくさんのことを子供たちにゆだね、問いかけ、意見を求めました。
しかし現状はやはり厳しいものでした。
今日の2失点も相手がうまかったですが、きちんと準備していれば防げたと思います。
いろんな場面でピッチ上でもピッチ外でもプレーもふるまいも残念な場面が散見していました。
いろんな意味で私の力不足です。
この子達に過保護すぎたのかしれませんね。
現状だと次週も厳しいでしょう。そしてこの後の大会や試合も難しいと思います。
この子達の未来を考えると、私も考えないといけないかもしれません。

U12 リーグCチーム 神戸市少年リーグ 後期 1部六甲リーグ 第1節・第2節 谷本

■2019年9月7日(土)
■たるみ健康公園
■15分ハーフ×2試合

【第1節】
vsマリノFC A
0-2

【第2節】
多井畑FC A
0-0

後期リーグがスタートしました。
選手達の頑張りで掴んだ六甲リーグ、やはり簡単には勝たせてもらえないですね。
夏が明けて確実に力をつけたと感じるリーグCチームでしたが、2試合ともにあと1歩及ばずでした。
マリノ戦、前半から果敢に得点を奪いにいきましたがなかなか奪えず、最後に疲れからか集中が切れてしまったように見えました。2失点ともにとても悔しかった。
多井畑戦、前半こそ苦戦を強いられましたが、少しずつペースを掴んでいくと何度もゴールを脅かすところまでいけましたね、チームで戦い抜いた結果だったと思います。ポストに当たったシュート、まだ鮮明に覚えています。次はあと5センチ内側に打てるように!!
ディフェンスでは速い選手、力強い選手を身体を張って何度も止めている姿に今までにない気迫を感じました。これからも続けて身体を張った守備、恐れずに戦っていきましょう!
次戦は1位に食い込めるかどうかのかかった大一番、勝利を掴めるように集中して練習、試合に取り組んでいきましょう!

U15トレーニングマッチ 岡本・湯川

◼︎2019年8月31日(土)
◼︎淡路佐野第1天然芝
◼︎25分×6本
vsパスィーノ伊丹
0-0、0-3、2-0、0-0、0-1、0-0
◼︎試合内容、悪いわけではないですが、まだまだ一人一人の持っている力を考えた時に全てを出せていないと思います。ちょっとした頑張りや、変えてやろうと意識することが個人の成長につながり、チームとしても成長できるのだと思います。活動に来て楽しくやるのも、一生懸命にやるのも自分次第だと思います。残りの少ない時間の中で色々な視点から成長できる鍵を見つけて欲しいと思います。

U15県トップリーグ1部 岡本・湯川

◼︎2019年8月31日(土)
◼︎フレスカグラウンド
◼︎35分ハーフ×1試合
vs西宮SS
0-3(前半0-1)
◼︎色々な思いがピッチの中に渦巻いていて汲み取る、流れを読むと言った部分が少し前半は足りなかったように感じます。焦りすぎた訳でもないのですが、自分での判断も少し選択肢が少なかったように感じました。守備の部分は何故やられたか明確にわかっていますね。後半からの流れが掴めそうな所で掴めないのはほんのちょっとの努力であったり、日々の積み重ねからきているのかもしれません。最後の大会まで時間はありません。各個人もチームとしてもどの意識で戦うかを考えてサッカーもサッカー以外のところも頑張らなくてないけないと思います。

U10 第15回 センアーノ神戸 全国チャンピョンズ淡路市長杯 U10大会 2日目 トレーニングマッチ 大木

■2019年8月24日(土)
■各15分ハーフ×3試合
■兵庫県淡路市佐野運動公園人工芝グラウンド

■センアーノDREAM
vs大社SSC(島根県)
8-0

vsコスモ東広島(広島県)
12-0

vs尾西FC(愛知県)
3-0
予選1位で準々決勝進出

■センアーノMOVE
vsソルセウ2(京都府)
6-0

vsディアブロッサ高田(奈良県)
1-2

vs知多トレセン(三重県)
0-1
予選3位で明日は17位〜24位トーナメント

サッカーは高いレベル相手に果敢に頑張ってます。
強豪相手に善戦した試合もありました。
チームとしてもとてもよく戦いました。
しかし、結果は敗戦。
さらに強くたくましくなってほしいです。
そこでこの合宿を見てて思うことは多くの選手たちが自分のことを自分であるやれない場面が多いです。
合宿を通じて食事の種類、量、食べ姿勢、、。
時間管理、行動管理、荷物管理、、。
グラウンドでボール管理、、。
マナー等々。
判断の優先順位がまずは自分。
仲間のことやチームのこと、後に使う人のこといろんな部分で残念な場面だらけです。
比べたくありませんが、いろんな他の学年の遠征に行って、同じ宿舎で全国の強豪チームを見ても。
限られた時間なので、私も心を鬼にして伝えます。
しかし彼らのために保護者皆さんにも協力いただきたいです。

しかし、1年前と比べて成長した選手、この夏の経験でたくましくなった選手もいるのも事実です。

今日は最終日です。
素直にこの状況で3日目も走れるとは思えません。
厳しい試合になると思います。
それよりも心部分を変えないとこの先の可能性がない子がたくさんいます。
そこの方を優先します。

U11 コパセンアーノ 遠藤・谷本

■2019年8月22日(木)
■15分ハーフ×7試合

【リーグ戦】

[センアーノDREAM]

vsRESC(大阪府)
4-0

vs田辺サッカーアカデミー(大阪府)
1-4

vs野畑JFC(大阪府)
10-0

vsセンアーノMOVE
3-0

5チーム中2位

[センアーノMOVE]

vsRESC(大阪府)
7-1

vs田辺サッカーアカデミー(大阪府)
0-3

vs野畑JFC(大阪府)
5-1

vsセンアーノDREAM
0-3

5チーム中3位

(遠藤)
センアーノDREAMのメンバー。
本番までどれだけ心身を整えられるか。それに尽きると思います。
ここから公式戦まで大きな技術的成長や身体的成長を目指すのではなく、100のチカラを出し切るために整えることに努めてください。

センアーノMOVEメンバー。
チームとしてのプレイや狙いは会話の量含めてしっかりやれていると思います。
だからこそ、個々のチカラ。
ドリブルの技術や突破する力強さはもちろん、パスの速さや精度、ボール扱いや浮き玉の処理、ヘディングやスローインなどなど、細かな技術やスキルを成長させていこう!

(谷本)
今日はMOVEチームを中心に見ました。
ポゼッションをする力に成長を感じました。しかし、言われたからパスを出しているだけの選手もいました。自分から主体的にプレーすることは大事です。パス一つ、自分の意見を持った上で他人の意見に乗るようにしていこう。声が少しずつ出るようになってきました。チーム間でもっと声を出して一人一人の声が沢山聞こえるようになチームになっていこう。
チーム戦術、みんなでまとまってできた試合はいつもとは違う魅力がありました。
サッカーを分かってきたみんな、これからも沢山の経験を通してサッカーを学んでいこう!

U18 96familyカップ1日目 小菊、丸山

◼️2019年8月21日

◼️佐野運動公園

◼️30分ハーフ

vs兵庫県トレセンU17

0ー5(前半0ー1)

vs星城高校

1ー4(前半1ー2)

◼️いつも大会に参加させていただいているfamilyカップに参加しています。

なかなか上手くいかない事ばかりですがチームで話し合い、少しずつ修正していきたいと思います。

またかなり暑い中での試合なので体調管理を1番に活動していきたいと思います。

U12 リーグDチーム 神戸市少年リーグ2部B 前期 第12節 谷本

■2019年8月18日(日)
■15分ハーフ×1試合

【第12節】

vsFC ウィングス A
3-2

前期リーグの最終戦、ウィングスさんとの試合でした。
序盤から一進一退の攻防が繰り広げられる中、先制点を許してしまいましたが、チームが一体となり同点に追いつきそして逆転、後半一度は追いつかれましたが試合終了の少し前に勝ち越し点を奪い見事勝利することができました。パスや守備面で課題となっていたことが少しずつ出来るようになってきた結果だと思います。
確実に力をつけて来ているみんな、後期リーグでは色々な観点でいまよりシビアな戦いが繰り広げられると思います。
上手くなった部分は更に伸ばして、まだ足りない部分はこれから補っていけるように練習、試合の一つ一つにこだわりを持って頑張っていこう!

U10 トレーニングマッチ  大木

■2019年8月18日(土)
■20分1本×8試合

vs高羽FC
8-0、6-0、9-0
9-0、13-0、6-1

【紅白戦】
2-0、3-0

関東メンバーも新宮メンバーも合宿を終えての今日、とても良いパフォーマンスでした。
暑い中でしたが、自分たちがここまでやってきたことをしっかり出し、更に進化しようという志がプレーでたくさん表れていたと思います。
「ボールも人も観ている人の心も動くサッカー」に向かってアグレッシブなプレーがたくさん見えました。
関東で感じた同年代選手たちの志、淡路市長杯で遭遇する全国レベル。
どっちがサッカー好きか勝負で負けてほしくありません。
サッカーで譲れないもの。
それが全国レベルでも負けてほしくないものです。
それがある限り、必ずうまくなっていきます。
常に持っていてください!